不正咬合の種類

歯並びがきれいでかみ合せが正しい状態を「正常咬合」といい、歯並びやかみ合わせが悪い状態を「不正咬合」といいます。不正咬合には以下のようないろいろな種類があります。まずは、自分の歯並びのタイプを知りましょう。

上の歯が大きく出ている状態で、いわゆる“出っ歯”と呼ばれている状態です。見た目の問題だけではなく、前歯が乾燥しやすく虫歯や歯周病などになりやすくなり将来歯を失う可能性が高くなります。また前歯が出ていることで転倒などによる外傷を起こす可能性が高くなります。指しゃぶりや口呼吸、下唇を噛む癖が原因になっていることがあります。

上顎前突(出っ歯)
 

下の前歯が上の前歯より前方にでている状態(反対咬合)、いわゆる“受け口”といわれる状態です。

骨格的には問題がなく、前歯の噛み合わせだけが逆になっている場合と骨格的な問題があって、下アゴの骨が過剰に成長してしまったり、上アゴの骨の成長が不十分であったりする場合があります。大人で受け口の場合、外科手術を併用しなければ治らないケースも珍しくありません。受け口の兆候が見られたら、なるべく子供のうちの早くから治療を受けることで、骨格に異常が出るのを回避することができます。

下顎前突(受け口)
 

叢生(そうせい)とはアゴの大きさと歯の大きさのバランスがとれていないことが原因で、歯並びがデコボコになったり重なり合ったりしている状態をいいます。乱杭歯とも呼ばれます。

歯ブラシが届きにくく歯磨きしにくいため、虫歯や歯周病になるリスクも高いと言えます。

叢生(そうせい)
 

上顎犬歯(糸切り歯)が他の歯より上と外にずれている状態(低位唇側転位)を俗に八重歯といいます。

上アゴの骨の劣成長や乳歯の脱落遅延などによって生じ、永久歯が正常に萌出するためのスペースが確保できない場合に発生します。

八重歯
 

奥歯だけかんだ状態で前歯がかみ合ってない状態です。

前歯で食べ物をかみ切れない他にも、口が閉じにくい状態です。

とくにサ行、タ行などが発音しづらいことがあります。

指しゃぶりが原因のこともあります。

開咬(かいこう)
 

上下のアゴの大きさのアンバランスなどによりかみ合せが横にずれることがあります。この状態を交叉咬合といい、放置するとお顔にゆがみが生じてくる可能性があります。

交叉咬合
 

過蓋咬合とは、かみ合わせた時に、下の前歯が見えないような、前歯のかみ合わせが著しく深いかみ合わせの状態をいいます。

深くかみ込んだ歯が歯肉を傷つけたり、歯と歯が接触している部分にかむ力が多くかかり、歯が摩耗しやすい状態です。

過蓋咬合(かがいこうごう)
 

歯と歯の間に隙間がある状態です。特に上の真ん中の前歯の間に隙間が開いている場合を正中離開といいます。2mm以上隙間が空いている場合は注意が必要です。

前歯の間の上アゴの骨の中に過剰埋伏歯と呼ばれる余計な歯が埋まっていることや上唇小帯の付着異常が原因になっていることが多いです。

すきっ歯(正中離開)