マウスピース型矯正装置とは(インビザライン**薬機法対象外

ワイヤーやブラケットを装着せず、一人ひとりの歯に合わせて作成した透明なマウスピースを装着して歯の矯正を行う方法です。

いつでも簡単に取り外し可能

食事や歯みがきの時は取り外しができるため、歯のお手入れができ衛生的に保てます。

目立たない

透明に近く目立たないため、見た目は装着しているのがほとんどわかりません。

口腔内トラブルが少ない

ワイヤーやブラケットを使用しないため、装着の違和感が少なく、装置が外れてしまうなどのトラブルも少なくなります。

また、金属アレルギーで矯正治療を断念された方も安心して治療していただくことができます。

​一人ひとりの歯に合わせてカスタマイズされたマウスピース型の矯正装置「アライナー」を約1〜2週間ごとに交換しながら装着します。少しずつ段階的に歯を動かし矯正を行います。

一般的に、食事と歯みがきの時間を除く一日に20時間〜22時間アライナーを装着していただくと最も効果的です。

通常、1ヶ月に一度通院していただき、治療の進捗状況の確認や次の治療ステージのアライナーの受け取りをしていただきます。

当院では光学3Dカメラ(iTero element 2)を導入しています

当院では光学3Dカメラ(iTero element 2)を導入しており、通常の歯の型どりではなく光学3Dカメラを用いて快適に歯型とりが可能です。一人ひとりに合わせた精密な装置が作製できるため、精度の高い治療をお提供いたします。

*尚、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。